読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも馬は走る

競馬の話題と、ささやかな予想をお届けします。

【小倉記念】各馬の気になる実績

データ分析

おはようございます。今日は小倉競馬場名物のハンデ戦小倉記念。難解なレースですが、各馬の実績で気になるポイントをまとめてみました。

1 パッションダンス(藤岡佑)
 △(5,0,0,5)とこれまで2,3着がなし。勝つか圏外か

2 オーシャンブルー(松山)
 ◯ 休み明け1,2戦は(2,0,0,13)に対し、3戦以降は(5,2,0,3)。今回は3戦目
 ◯ 7,8月は過去4回走って3勝。夏には強そう
 ◯ 7勝中5勝を2000メートルであげる。2000では(5,0,0,5)
 ✕ 最近7戦連続10着以下

3 ウインプリメーラ(和田)
 △ 小倉は初出走
 △ 京都では(4,1,1,1)。右回りで最後の直線が平坦なコースが得意なら小倉向き?
 ✕ 4勝はいずれも1800メートル以下で、2000メートルは過去2走だけ(2敗)

4 ナリタスーパーワン(武幸)
 ◯ 
7,8月は過去6回走って(1,3,0,2)。暑さは問題なさそう
 △ 2000メートル以上を走るのは初めて
 ✕ 最近ダートから芝に変わったが、4戦連続5着以下

5 ベルーフ(パートン)
 △ 夏に走るのは初めて。小倉も初出走
 △ 今回の斤量54キロはこれまでで最も軽い

6 マローブルー(川田)
 △ 小倉初出走。京都・阪神の経験もなく、関西以西への長距離輸送は初めて
 △ これまでの斤量最軽量は54キロ。今回の51キロは一気に軽くなる

7 ゲシュタルト(川須)
 ◯ 小倉は(0,1,2,3)と複勝率50%。
 ✕ 最後の勝利が2010年5月(京都新聞杯)。以降5年以上、37戦連続勝利なし

8 ノボリディアーナ(幸)
 △ 
2000メートル以上走ったのは過去1回のみ(2013年秋華賞、14着)

9 フレージャパン(国分恭)
 ✕ 休み明けは(0,0,0,6)
 ✕ 7,8月は(0,0,0,5)

10 グランモンタナ(浜中)
 △ 小倉初出走

11 バッドボーイ(小牧)
 ◯ 小倉は昨年8月に2回走って2着、1着と好結果

12 マデイラ(酒井)
 ◯ 2000メートルでは(2,2,2,8)と比較的好成績。ちなみに1800だと(0,1,0,6)

13 メイショウナルト(秋山)
 ◯ 7,8月は過去9走で(4,2,1,2)と強く、夏馬といえる
    →ちなみに11月~2月の寒い時期は(0,0,1,8)
 ◯ 小倉は(3,1,1,4)で複勝率56%。全6勝中半分を稼ぐ相性のいいコース

14 タガノグランパ(鮫島駿)
 ◯ 良馬場は(3,1,2,5)。良以外だと(0,0,0,5)で、良馬場が得意
 △ 今年デビューの鮫島克駿(兄は鮫島良太)の重賞初挑戦
 △ 7,8月に走るのは初めて。小倉も初出走
 ✕ 前走より距離延長時は(0,1,0,7)と不調
 ✕ 1800メートル以上だと(0,0,1,7)と不調

15 アズマシャトル(松若)
 △ 小倉初出走
 ✕ 斤量が56キロ以上だと(0,0,1,6)で結果を残せていない
   →ちなみに55キロ以下だと(2.4.0.2)

16 ジャイアントリープ(太宰)
 ✕ 最近7連敗、1年以上勝ち星なし

17 ゼンノルジェロ(熊沢)
 ◯ 芝2000メートルは(2,1,0,2)の実績。昨年8月は同じコースの博多Sで2着

 ということで、現時点での1番人気マローブルー、2番人気ベルーフ、3番人気ウインプリメーラがいずれも小倉初出走という、少し珍しいパターンになりました。その分荒れる要素もありそうで、楽しみですね。

 では、今日は将来のダート戦線の主力を占うレパードS(ダート界の雄、ホッコータルマエも、このレパードSが重賞初勝利でした)も新潟競馬場でありますし、夏の休日、馬の走りを楽しみましょう!