それでも馬は走る

競馬の話題と、ささやかな予想をお届けします。

2016年の振り返り

こんばんは。
新しい年になりました。

2016年の「気になる馬」の成績は、この通りでした。
1年間で971頭を選び144勝(勝率14.8%)、3着内は396頭(複勝率40.8%)。
ベタ買いした場合の単勝回収率は85.2%、複勝回収率は91.1%でした。
どちらも目標の100%超えに遠く、悔しい結果になりました。

細かく分析すると、中山、中京では好調で、単複ともプラスでした。
また、芝の重賞(42レース)に限れば、穴馬をうまく指名でき、単勝回収率106%、複勝回収率183%と好成績でした。

反省点は、単勝オッズが3倍台より低いような人気馬を選びすぎたことでしょうか。
これらの馬は確かに勝率、複勝率ともに優秀で、買いたくなるのですが、取りこぼしもあり、長い目でみると回収率は低くなる傾向にあります。

2017年は、反省を活かして、より精度を高めたいと思います。
早速5日には金杯が始まります。今年も頑張りましょう!








 



広告を非表示にする