読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも馬は走る

競馬の話題と、ささやかな予想をお届けします。

単勝1倍台の馬とのつきあいかた

 今日のAJCCは、単勝1.3倍に支持されたゴールドシップが伸びずに7着、というまさかの結果で終わった。岩田騎手は「勢いに乗れなかった」と振り返った。

 このように、単勝1倍台の馬が負けることは、どの程度の確率であるのだろうか。また、そのような馬で勝負することは得策なのだろうか。

 

 過去10年のJRA芝・ダートレースで、単勝1倍台の馬の成績をオッズ別にまとめてみた。

 

・1.0倍  5頭   勝率100% 複勝率100%/単回率100% 複回率100%

・1.1倍 105頭  勝率76% 複勝率94%/単回率83% 複回率97%

・1.2倍 231頭  勝率67% 複勝率90%/単回率80% 複回率93%

・1.3倍 422頭  勝率64% 複勝率90%/単回率83% 複回率95%

・1.4倍 648頭  勝率59% 複勝率88%/単回率81% 複回率94%

・1.5倍 929頭  勝率52% 複勝率84%/単回率78% 複回率91%

・1.6倍 1163頭  勝率49% 複勝率79%/単回率78% 複回率86%

・1.7倍 1377頭  勝率44% 複勝率78%/単回率74% 複回率86%

・1.8倍 1431頭  勝率43% 複勝率77%/単回率77% 複回率87%

・1.9倍 1400頭  勝率40% 複勝率73%/単回率75% 複回率84%

ちなみに2倍台から5倍台の馬は、

・2倍台 15942頭 勝率31% 複勝率66%/単回率77% 複回率84%

・3倍台 19645頭 勝率23% 複勝率56%/単回率80% 複回率83%

・4倍台 19188頭 勝率18% 複勝率49%/単回率79% 複回率81%

・5倍台 17078頭 勝率15% 複勝率43%/単回率79% 複回率81%

という感じだ。

 「単勝1.0倍」というオッズはほとんど起こらない(1.0倍だと勝っても元返しで得にならない)が、近年の大きなレースでは、2005年菊花賞ディープインパクトの例がある。この時の同馬はきちんと勝っている。

 

 この表を見て気づくことは「単勝1倍台の馬の場合、単勝より複勝で勝負した方が、回収率の観点では得策」ということだ。特に単勝オッズ1.5倍以下の場合、複勝回収率は90%を上回っている(表の赤字部分)

 

 大きな理由の一つは、「本来は100円元返しなんだけど10円おまけして110円にするよ」というルールがあるためだと思う。

 ※JRAプラス10のリンクを参照

 2014年は、複勝で482回もこのルールが適用されている。「たかが10円」と思うかもしれないが、金利にすると10%もあるわけで、活用しない手はないだろう。圧倒的人気馬の場合、「JRAプラス10」もあるし、単勝よりも複勝で勝負すべきなのだ。

 

 とはいうものの、1.1倍の馬券で勝負するのかどうか、実際には悩むところだろう。1000円賭けても1100円にしかならない(損するよりはるかにましだが)。1万円なら1万1000円で電車代ぐらいにはなりそうだ。10万円なら1万円儲かるが、今日のゴールドシップのように競馬に絶対はない。「大金がゼロになる恐怖」にヒヤヒヤしながらレースを見ることになりそうだが、データ上は、人気馬の複勝に賭けるのは悪くない作戦だと思う。

 (ただし「JRAプラス10」は、すべての場合に適用されるわけではなく、人気が集中しすぎると元返しの100円になることもあるので注意してください)