読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

それでも馬は走る

競馬の話題と、ささやかな予想をお届けします。

【NHKマイルカップ】過去全19回の結果から予想する

こんにちは。

明日はNHKマイルカップ。例年荒れることが多いレースですが、今年はどうなるでしょうか。1996年に始まったこのレース、昨年までの全19回の結果を振り返って気づいたことをもとに、予想に役立てていきます。

1)14番より内が有利
過去19回、馬番が15~18番の馬は全部で75頭出走して(1,3,2,69)。一方、1~14番の馬は266頭出て(18,16,17,215)。比較すると


・1~14番  勝率7% 連対率13% 複勝率19% 単回値85円 複回値100円
・15~18番 勝率1% 連対率5% 複勝率8% 単回値34円 複回値82円

と、大きな差があります。今回も、15番より外に入った4頭(フミノムーン、ダノンメジャー、ニシノラッシュ、マテンロウハピネス)については、少し割り引いて考えた方がよさそうです。

2)前走と同距離、今回距離短縮になる組が有利
勝利馬19頭のうち17頭は、前走もマイルを走った馬か、前走は1600メートルより長い距離を走っていた距離短縮組でした。

・前走1400メートル組(77頭)…(2,4,5,66)
  勝率3% 連対率8% 複勝率14% 単回値4円 複回値75円
・前走1600メートル組(143頭)…(10,7,4,122)
  勝率7% 連対率12% 複勝率15% 単回値129円 複回値100円
・前走1800~2000メートル組(92頭)…(7,8,9,68)
  勝率8% 連対率16% 複勝率26% 単回値69円 複回値109円

ということで、前走から距離延長になる馬(今回はタガノアザガル、レンイングランド、ナイトフォックス、フミノムーン、ニシノラッシュ、マテンロウハピネス)よりは、同距離、距離短縮になる馬を狙って行った方がよさそうです。

3)前走4角10番手以内が有利
勝利馬19頭のうち18頭は、前走4角で10番手以内につけていた馬でした。

・前走4角10番手以内(271頭)…(18,18,13,222)
  勝率7% 連対率13% 複勝率18% 単回値92円 複回値108円
・前走4角11番手より後ろ(68頭)…(1,1,6,60)
  勝率2% 連対率3% 複勝率12% 単回値2円 複回値55円

ということで、今回、前走4角が11番手以降の馬(アヴニールマルシェ、グランシルク、クールホタルビ)については慎重に考えたいところです。もっとも、グランシルクは前走のニュージーランドトロフィーで、ゲート内で立ち上がって大きく出遅れたという特殊な要因があり、考えすぎなくてもいいかもしれません。

総合すると、今年は穴馬にとって有利とはいえない条件が多く、今年は1~7番人気ぐらいの上位人気馬だけで決着するのではないか、という気もしています。